遺言

奥様のために家を残してあげたい、独身でそこそこ財産があるがよく知らない親戚には財産をあげたくない…というご相談など、昨今では遺言書を書く方も多様化しています。 多様化しているニーズに合わせて、司法書士、行政書士が、遺言に関するご相談、公正証書遺言の原案作成などをサポートしています。 ご相談及びお手続きを出張にてお受けできますので、お体の具合が悪い場合などは事務所に足を運んでいただかなくてもご依頼いただけます。

遺言書の記載内容

遺言の内容は財産の分配などを記載することが多いですが、付言事項として家族に対するお礼や兄弟仲良く過ごして下さいというように、法的拘束力はない記載であってもご本人が家族に伝えておきたいと思う言葉を書いておくことができます。

直接言い表せない故人の言葉を生きた最後の証として

生前にお亡くなりになられた後のことを想定して、故人の財産状況を詮索したり、親族間で遺言を書くように勧めることは日本人の性質に合わないようにも思われます。
しかし、遺言書を残してあげる、遺言として準備をしておくことは、ご自身の意思を最後まで尊重することができる方法であり、結果として後々の紛争を防止する効果もあります。

遺言書を残しておいた方がよい場合

1.夫婦間に子供と両親がいない場合

遺言がなければ、兄弟姉妹が相続人になりますが、夫は「妻へ相続させる。」、妻は「夫へ相続させる。」と遺言書に記載しておけば、遺留分がない兄弟姉妹に財産が相続されることはありません。

2.多額の財産がある場合・子供達の仲がよくない場合

死後において相続争いが予想される場合は、予め遺言書という形でその意志を明確に残しておくこととにより後の紛争予防効果が期待できます。

3.再婚で前妻(前夫)との間に子供がいる場合

後妻の籍をいれてすぐに夫が亡くなっても、現妻は配偶者として、財産の1/2を相続をする権利がありますが、先妻の子供としては納得できないでしょう。前妻又は前夫との間に子供がいるこのような場合は、遺言によって明確にしておくほうが安心です。

4.内縁関係の人・息子の妻(娘の夫)、などお世話になった人に財産を残したい場合

内縁関係の人、息子の妻、娘の夫、など、相続人ではない方が献身的な看護をされていたとしても、相続権がありません。お礼の意味を込めて財産を残してあげたければ、遺言書を書いておく必要があります。

5.事業を経営されている場合

個人事業主様や同族会社の社長である場合、事業用の敷地や株などが法定相続分により分配されると事業に支障をきたす恐れがあります。遺言で分割を細かく指定しておくことをお勧めします。

6.土地や家など不動産しかない場合

住んでいる家と土地のみが財産である方がお亡くなりになり、相続人が数人いる場合は、今住んでいる方が、不動産を売却して住み慣れた場所を離れざるをえないこともあります。一緒に暮らしている方の生活の安定を図るためにも遺言を残しておくべきでしょう。

7.相続人が全くいない場合

相続人がいないと相続財産は国庫にします。遺産を残してあげたい人がいる方は遺言をしておく必要があります。

遺言と終活

最近よく耳にする言葉「終活」ですが、遺言を書いておくことも終活の1つです。
終活はまず始めに、エンディングノートを書く事が多いですが、エンディングノートだけでは法的拘束力がありません。ご自身の意思決定に法的な拘束力をもたすには遺言書を作成しておく必要があります。遺言の内容を実際に行う、遺言執行者を選任することも可能です。

公正証書遺言書作成

公正証書の遺言書は、遺言の内容に違法な文言が含まれていないこと、遺言が無効にならない記載内容であるかなどをよく確認をし作成するため、後に遺言の形式不備はまずありません。
証人の資格を有する証人が2人必要となります。
自筆証書遺言では遺言の執行にあたり検認手続きが必要ですが、公正証書遺言の場合は不要です。

公正証書遺言書作成手続き

iconお問い合わせ

「お問い合わせ」よりご連絡ください。

iconヒアリング・打ち合わせ

ご相談の際に、残したい財産の資料やご自身が考えていらっしゃるメモ、財産を残したい方に関する住民票や戸籍謄本などお手元にあるものすべてお持ち頂くと具体的なお話ができます。お話をよく伺い遺言の内容を調整します。また証人関する打ち合わせも行います。

icon公証人との事前確認

行政書士、司法書士が公証人と遺言内容の事前確認や遺言作成日時の調整などを行います。

icon公正証書遺言書作成

公証人が遺言内容を読み伝え、遺言者と証人に確認をし公正証書遺言を作成します。

遺言書作成サポート

自筆証書遺言や秘密証書遺言をご自身で作成する場合に、遺言の記載方法のアドバイスを致します。ご自身で遺言を書かれた場合の遺言記載の形式不備による遺言無効や、財産分配の記載不備によるご意思とは異なる遺産配分がされることを防止できます。

ページの先頭へ